Category

求人応募の無駄を無くすなら採用管理システムの導入

企業が優秀な人材を確保するには募集方法も大切ですが、応募者を無駄なく対処することも重要なポイントです。そんな対策に最適なのは採用管理システムで、導入することで求人面に様々なメリットを与えることができます。企業によっては、色々な職種や雇用形態があるので求人をかける方法も多岐に渡ります。その分応募者の経路や応募状況、面接、先行など管理が大変です。また、対応力が落ち応募を無駄にしたり、労力やコストなども余計にかかってしまいます。
採用管理システムを導入すると、正社員や契約社員、パート、派遣など雇用形態毎にエントリーフォームを分けられます。この採用管理システムの機能は、応募者がどの職種を希望しているか把握しやすく、システム上で共有できるため受付業務の軽減や、無駄のない求人対応ができます。採用管理システムを導入するメリットは他にもあり、企業が持つ求人ホームページを最適化することもできるので、様々な求人媒体を使用しない人材確保にも期待ができます。求人媒体にかける費用は、企業にとってかなり経費がかかることだけに、自社のホームページで応募者が集まれば経費削減ができます。更に、応募者と企業の担当者に面接についての、ヒアリングやマッチングなどの対応も採用管理システムで一元化管理できます。

採用管理システムの導入で採用業務を円滑に

採用のために企業が行う業務にはたくさんの種類があります。できることなら円滑に進めたい採用業務ですが、思いのほかスムーズにいかないという事があります。
例えば求人に対して応募があった場合、それに素早く対応して面接の日程までスムーズに決めなくてはなりません。しかし予想以上に求人に対しての応募が多い、また他の業務によって求人に対応する為に時間を咲くことができないなど、採用に関しての業務が円滑に行えないということもあります。結果、応募者への対応が遅くなり、その間に別の企業に有力な人材を奪われることになるという事態を招くことにもなります。
そこで効果的なのが採用管理システムの導入です。応募者の管理、そして素早く応募者にアポイントを取ることができるというのも採用管理システムのメリットです。そして面接の日までの設定、また面接後の合否の連絡なども行うので、企業側の採用に関する業務の負担を圧倒的に減らすことができます。企業内の業務を円滑に進めながらも、優秀な人材を逃さないことができるというのが、採用管理システムのメリットでもあります。
採用に関する無駄を省く為にも、採用管理システムの導入は大きな効力となるでしょう。

PICK UP

News

2017/12/25
総合的な業務短縮化をサポートを更新致しました。
2017/12/25
さまざまなケースで活躍を更新致しました。
2017/12/25
システム導入による恩恵を更新致しました。
2017/12/25
複雑化した人事業務を整理を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加